顧客管理のことは専門業者に任せよう|実績を見るべき

ウーマン
  1. ホーム
  2. 新しい電話交換設備の利点

新しい電話交換設備の利点

メンズ

スマホを内線端末にできる

企業内の電話交換機をPBXといいます。社内の電話内線の接続や外線を他の部署に回したりする機能があります。企業にとっては電話は必要不可欠な通信手段ですが、最近はクラウドを活用したPBXが登場しています。これから社内にPBXを導入する時、またはすでに導入している場合でも従来のPBXとクラウドPBXの比較検討が必要になります。PBXの導入メリットは通話料金を削減できることです。ただし導入コストがかかります。クラウド方式と比較した場合、導入コストが高くなります。なぜかというとクラウド方式ではインターネット空間を活用するので、従来のような電話線の配線工事がいらなくなります。また遠い地域にある支店や工場などとの連絡もインターネット回線を使用するので、中継用のデバイスなどの設置も不要になります。従来のPBXと比較した場合、この点が大きな違いです。またクラウド方式を導入するとWi-Fiにも対応できるため、スマートフォンやタブレットなどを端末にできるのです。つまりスマートフォンを内線電話の端末にすることで、通信コストを大幅に削減できます。PBX導入のもう1つの問題点は、社内に専門の管理者を置くのが難しいという点があります。しかしクラウド方式なら、パソコンで管理ができるので簡単です。社員に専門知識を教育する必要もありませんし、専門の管理者を雇用しなくてもすみます。このように比較するとメリットの違いがたくさんあるので、今後はクラウド方式のPBX導入が主流となっていきます。