顧客管理のことは専門業者に任せよう|実績を見るべき

ウーマン
  1. ホーム
  2. システムの要件で大事な点

システムの要件で大事な点

婦人

汎用性を重要視する

CRMシステムの設計は複数の要件を同時に組み合わせるため、簡単に成功するシステムを作成することは難しくなっています。いくつかの改修作業を経てベンダーと共に使い勝手の良いシステムを完成させることが一般的になります。しかしベースとなるシステムを選定する際には、どのシステムが良いのかを判断することが大事なポイントになります。基本的に使い勝手やコスト面などを重点的に選ぶことになりますが、汎用性も大事な選定ポイントになります。汎用性は今後の機能拡大などを想定しているかどうかを見極めるポイントです。ビジネスの舞台では常に新しい取り組みを行う事が必要になります。現時点でどこまで想定すれば良いのか判断が難しい面もありますが、CRMシステムは他のシステムとの連動も兼ねて稼働させることを想定させておく必要があります。その際、汎用性がないと他のシステムとの連動を行うことができず、システム上のネックになってしまう事が発生してしまいます。そのため、ベースシステムの想定は、これらの要件も同時に考慮しておくことが大事なのです。CRMシステムは顧客からのアクセスも想定しなければなりません。インターネットが普及している今、顧客から直接アクセスすることも想定しておくことが大事になります。顧客数などによって変動しますが、同時アクセスの想定などもしておかないとシステムフリーズになる可能性があるのです。今、ビジネスで検討している内容は最低限CRMシステムの要件として抱えておくことが必要になります。